« 火事場泥棒は極刑 | トップページ | 現場2 »

2004.07.20

現場

やっと子供と亭主が学校・仕事場へ出てくれたので、いよいよ私がボランティアへ!
どこへ行こうか悩んだのですが、とりあえず家から近い見附市へ。

受付を済ませて待っていると、1件目のお仕事。
床下の泥を水で流して拭いてほしいという依頼です。

床上浸水したお宅で、床下がコンクリート。
水を流しても出口がないため、すべてモップか雑巾で拭き取ります。
1時間もすると腕に力が入らなくなり、雑巾が絞れなくなってきます。
なんとかこなしてお昼近く、ボラセンに一度帰還。

簡単な報告書を上げて、お昼におにぎりやお茶・お菓子などいただき、次の仕事待ち。

ここでアルビボラ仲間と遭遇!
みんな頑張ってくれているんだと、嬉しくなりました。

1時過ぎ、2件目のお仕事。

激務でした!!

見附はニット産地なのでニット工場の後かたづけ。
ロール状の布や50mの布の束を工場内の空き地に廃棄。
これが重いの臭いの滑るの、あーた!ヌルヌルドロドロ!!(T^T)
とっても1人で一束持てる状態じゃない!腰が抜けそう!
で、引っ張ると延々「あ~れ~!お代官様おやめ下さい!」状態で、いくら引っ張っても布の最後にたどり着かない・・・(時代劇わからん人は、なに?だよな。ははっ)

いつまでと鳴く妖怪がいるが、アタシがそれになった気分。
工場の人は1週間毎日この仕事をしているらしい。
それでも終わらない。
アタシらがいくら捨てても一向になくなる気配がない。

これでボラセン閉めるのいかがかと思うが、致しかたない。
臭いは、今までちょっとかいだことのない種の悪臭ですね・・・
鼻についてとれません。(泣)

明日は中之島に行って来ます!!

|

« 火事場泥棒は極刑 | トップページ | 現場2 »

コメント

ボランティアお疲れ様です。

今日はボランティアが半減したそうで心配です。僕も今日は仕事で被災地にはいけませんでした。明後日にはまたいけると思います。

明日もがんばってください!

投稿: abetack | 2004.07.20 23:02

おう!! 頑張るぜぇ!!
って実は体中が痛いんですけど・・・(泣)
そんなこと言ってらんないのでね。
頑張ります!

abetack様もムリしなさんなや。
からだ大事らっけね。

投稿: にゃにゃ | 2004.07.21 08:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11682/1012359

この記事へのトラックバック一覧です: 現場:

» 新潟県の集中豪雨被災地・三条市を現地調査 [ほっとメール@ひたち]
 集中豪雨で被災した新潟県の三条市内を日帰りで視察しました。  今回は、被災地でのボランティアセンターの立ち上げの実情や災害情報の発信手法などを実際にヒア... [続きを読む]

受信: 2004.07.21 01:43

« 火事場泥棒は極刑 | トップページ | 現場2 »