« 凸凹な日 | トップページ | 第7節 清水エスパルス戦 »

2004.09.26

イノセンス

イノセンス・・・悪気のない罪。邪気のない行為。とでも言うか?
Follow Meが頭から離れない。口ずさんじゃう!

1作目の「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」との出会いが、
アタシを変えましたね。
8年くらい前になるのか?
ビデオをレンタルして見て「ネットの世界って、そんなに広大なの?
アタシもそんな世界が見てみたい!」と、お金を貯めてPCを購入。
マウスのポインタすらきちんと当てられないヘボユーザーでした!
えぇ、ゲームでクリックの練習からしたわよ!
今やそれ使って食っとります。

で、イノセンス。
面白くない人には、とことん面白くないだろーな。。。

「イヤだ」という意志を持つ「ロボット」を買う「人間」の気持ち。
「イヤだ」という意志を通すために、ロボット三原則を使って「壊れてみせる」ロボット。
どんどんサイボーグ化していく体と電脳をハッキングされ、己の見ているものの不確かさの増大を抱える「人間」。
それでも「人間」は、より精巧なロボットを欲し、より精巧なサイボーグ化を望むのはなぜか?
精巧なとは何か?
より人間に近い事?
では人間とは何か?
ロボットにとって人間は神になる得るのか?

それが「人間はなぜ、自分の似姿を造ろうとするのか?」って、難しげな言葉に置き換えられてるだけのことでは?

で、子供を産むということが、これに最も近い行為なんじゃないか?とまで言わせちゃってるんですが、子持ちのアタシはゲロッと来ましたね~。
石ぶつけたろーかと。
裏側ばっかりゾロッと逆なでして、しれっと逃げます!!とタイトルで公言されてるからなぁ。(笑)

はっきり言ってテーマが広大すぎて見ねーだろ?

言葉の使い方がボキャの少ない若者にはいい刺激。
わかんない言葉は後で外部記憶装置使って調べてみぃ。と思ったりするが、後でそんなことまでする必要のある映画は、娯楽じゃねぇ!って叱られそーですな。
それが現代人の長所であり欠点でもあるんだが・・・

広大なテーマの中から、ご自由に心に引っかけてください。
引っかかったものがアナタのもの。
      奥は深い!

はい、アイロン掛け終わり!

|

« 凸凹な日 | トップページ | 第7節 清水エスパルス戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11682/1523644

この記事へのトラックバック一覧です: イノセンス:

« 凸凹な日 | トップページ | 第7節 清水エスパルス戦 »