« ビバ!ガス開栓! | トップページ | 男気のにわかアルビサポ歓迎? »

2004.11.01

漏電の切り分けと回復方法

実は電気が来てから2日程、家全体で電気を使うことができなかったんです。
大本のブレーカーを上げると、漏電ブレーカーが落ちちゃう!
それを東北電力に聞いたりしながら、自分で原因を切り分け回復させました。
方法はとても簡単なので、今更ですが載せときます。

この方法は、大本のブレーカーの他に、漏電ブレーカーと、細かく部屋や家の区画ごとに複数のブレーカーのある家での方法です。

.細かい家の区画ごとの複数のブレーカーをすべてOFFにします。

.大本のブレーカーと漏電ブレーカーをONにします。

.細かいブレーカーを1つずつONにして、漏電ブレーカーの落ちるブレーカーを捜します。(ONにして漏電ブレーカーが落ちなかったら、次を上げる前にOFFにしておきます。)

.落ちるブレーカーが、家のどの区画に当たるのか確認します。

.今度はその区画にあるコンセントにさしてある電気機器のケーブルを全部ぬきます。(照明器具や洗濯機などの電気機器が漏電している可能性があるからです。)

.コンセントに何もないことを確認して、再度その区画のブレーカーを上げます。これでまだ漏電ブレーカーが落ちるということは、壁の中の配線等が漏電している可能性大です!その区画のブレーカーだけ落としておけば、後のは全部上げて使えるそうです。後は、電気工務店か東北電力に相談してください。

.もし6で漏電ブレーカーが落ちなかった場合、壁の中で漏電している可能性はないです。今度は5のカッコ書きにあるように、器機の漏電チェックです!1つ1つコンセントに電気機器をさしてください。どの機器でブレーカーが落ちるか確認します。

.漏電している器機が見つかったら、それだけを外して、すべてのブレーカーを上げ、再度漏電ブレーカーが落ちないか確認します。これでOKならそのまま使えます。その器機は修理にGO?

我が家は、風呂場やトイレ区画のブレーカーがダメ。
犯人は外の給湯器でした。
ところが一度コンセントをぬいてさし直したら、あら不思議!
何もせずに直っちゃいました。
リセットってヤツですな。

いっとくが絶対大丈夫って保証するわけじゃないから、東北電力に電話してね!

|

« ビバ!ガス開栓! | トップページ | 男気のにわかアルビサポ歓迎? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11682/1829763

この記事へのトラックバック一覧です: 漏電の切り分けと回復方法:

« ビバ!ガス開栓! | トップページ | 男気のにわかアルビサポ歓迎? »