« 激しくハイ | トップページ | チャリティーマッチ »

2004.12.07

夢が形をとるとき

激しくハイを読んでいただけたでしようか?
実は、アタシにとって選手の隣りに座ることよりも、もっと大きな意味でうれしいことがあったんだよね。

以前、福利厚生って日記を書いたんだけど、今、ボラのなり手が少なくて、重労働の悪循環ができてしまってるの。
だけど実際問題ボラがいなければ、スタジアムでの試合は成り立たないのが実情。
信じがたいかも知れないけど、そーなのよ。
何度も言うが、スタンドだけじゃなくゲームのピッチ準備や記録、グッズ販売に総合案内に運営本部と、あらゆる裏方にボラがいるんだよ。

悪条件の中でも頑張ってる仲間に、疲れた顔をして終わる仲間に、思いっきり笑ってもらいたい!
いい顔をしてほしい!
そしてアタシもいい顔したい!
それが私の夢!!

そんな事を考えている時に「サッカーの贈り物-素顔のJリーガー-」に出会ってひらめいた!
選手にボラのボラをお願いできないか?
何らかの方法で、ボラを支えてくれるように頼むことはできないか?
クラブや選手を支えるだけでなく、それを還元する大団円を作れないか?
これは夢のような話なんだけどと前置きして、仲間に語った。
仲間も賛同してくれ、他の要望と一緒にクラブ側に提出。

実現するまでの道筋が限られているので、夢で終わると思ってた。

そして慰労会の日、リーダーが「にゃにゃさん、今日はいいことがあるよ。」と声をかけてくれたんですね。

          選手入場!
  弾けるような歓声と笑みと拍手!

夢が叶ってよかったね。」とリーダー。

うん!今年、一番見たかったものが見れたよ!

努力して歩み寄ってくれたクラブに、忙しい中、時間を割いて来てくれた選手に、感謝感謝の日だったんだよ。
きっとあこにいたボラは、来年もまた来よう!って気持ちになったと思う。
来年、また一歩頑張ろうって思ってるアタシもいる。

|

« 激しくハイ | トップページ | チャリティーマッチ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11682/2178009

この記事へのトラックバック一覧です: 夢が形をとるとき:

« 激しくハイ | トップページ | チャリティーマッチ »