« 右の強い味方 | トップページ | 初練見 »

2005.01.18

琳派と江戸の美

今日は安ちゃんも無事 中国に旅立ち、ホッとしていたのですが、またぞろ揺れております。。。(泣)
初期微動があったので、香炉を割らずにすみました。

本日は、伊勢丹の新春美術展『琳派と江戸の美』が最終日だったのを思い出し、行ってきました。
琳派 = 派手 ってイメージがあるんですが、日本画の花鳥図が好きなので、新春には欠かさず(行ける範囲で)でかけてます。
デカイ屏風の花の絵を見ているだけで、なんか幸せ。(笑)
アタシ、ホントはおにぎり持って、好きな絵の前で1日座っていたい人なんだ。(笑)
水族館の水槽の前とかも、ゴザ敷いて座っていたい人。

中でも見たいと思ったのが、伊藤若冲の鶏の図。
中学の時、この人の群鶏図を教科書で見て、描き込む根性に恐れ入ったのを覚えてます。
直筆モノを見れるって幸せ!
書を書くのと絵を描くのと、この人の場合境目はないね。
線が伸び伸びしてて、線の成り立ちがよくわかっている。
尾羽一本の折れ方に、その筆づかいに、思わず「そーなんだよ!」と膝を打つものがありました。
・・・って、意味わかんないか?(笑)

最終日なんで混みまくっているかと思っていたけど、さほどでなく、ゆっくり好きな絵の前でくつろぐことができました。

帰りに地下の食品館で夕食のおかずを仕入れ、久々にテーブルに並べるだけって楽をしたし、お得な日でした。

|

« 右の強い味方 | トップページ | 初練見 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11682/2619699

この記事へのトラックバック一覧です: 琳派と江戸の美:

« 右の強い味方 | トップページ | 初練見 »