« ナビスコ6節 浦和レッズ戦 | トップページ | 肉を切らせて骨を断つ »

2005.06.14

加古隆 -響きのカンバス-

blogのレスポンスが悪く、昨日はコメントだけでリタイアしました。
本日のメンテに期待!

さて浦和戦の日、ボラの仕事終了後、りゅうとぴあで加古隆氏の-響きのカンバス-と題したピアノ ソロリサイタルがありました。
先回のリサイタルで、ものすごく感動して帰ってきたので、今回も激務の後ですが行きます!

先行発売で前から3列目のど真ん中のチケットゲット!
が、先回はコンサートホールだったのに、今回は劇場。。
音の響きと通りが全然違ってくるので、3列目ってのは、音を聞くにはちょっとなぁ。

1曲目「雨の石畳」。。。
あぁ!アカン!やっぱ前すぎ!
音が上に吸収されて四散してしまい、かき集めたい気分に!(滝汗)
やっぱり最高の響きで聞いた経験があるだけに、ガックシ~!!

どの曲も、ちょうど目の検査の時使う、どっかが欠けた輪っかのように、完全に輪にならない感じ。
なにかを急いでますか?加古さん?
ハマるべきところに音がハマらないような・・・あと一歩!みたいな感覚がすべてについて回る!
未消化状態で1部終了。。。

友達もまったく同じ感想を持ってました。
「2部に期待しよう!」と突入!

1曲目「ノルウェーの森」
2曲目「虹が架かる日」。
この曲はNHKの「日本の群像 再起への20年」のテーマで、世界で初めてステージで演奏をするってことで、本人、ちょっと緊張してると告白。
で、次の「白梅抄-亡き母の」で、人が変わったような音?

アナタもしかして、始めからずーっと「虹が架かる日」が頭にありました?

1部に比べて2部は重低音系の曲が並んだせいか、最後には、音のシャボン玉の中にチョコンと座ってるアタシがいました。
壁は薄いが、とりあえず輪は閉じられた!

悪いが・・・立って拍手する気にはならんかった。。
絶対、次はコンサートホールでやってくれ!
絶対、聞きにいくから!

|

« ナビスコ6節 浦和レッズ戦 | トップページ | 肉を切らせて骨を断つ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11682/4548204

この記事へのトラックバック一覧です: 加古隆 -響きのカンバス-:

« ナビスコ6節 浦和レッズ戦 | トップページ | 肉を切らせて骨を断つ »