« ディープ・インパクト1 | トップページ | ゴミ持って帰って! »

2005.07.05

ディープ・インパクト2

というタイトルでも、ディープ・インパクトの後日談ってわけじゃないんです。

地球の成り立ちが分かったり、宇宙の果てが解明されたからと言って、今日の稼ぎにもおまんまにも、何ら関係ないのは事実。
なのに、なぜこんなに心躍らせ、熱くなるのか?

1980年代にカール・セーガン博士『COSMOS』という番組に遭遇。
番組は、彼自身が案内役となって、およそ学校で勉強したら分けわからんうちに終わるような、科学・物理・歴史・生物・地学・気象・量子・遺伝子工学・etcを、アタシにもそこそこわかるように関連づけて、語ってくれていました。
あれだけの内容を、一般人にわかるようにするってだけでも、驚異だと思ったわ!

放送内容など、詳しいことは日本惑星協会のHPにあるので、興味ある方はどうぞ。

まさに目からウロコ。
知識というのは、バラバラに存在するんじゃないってことが、その時始めてわかったの。
例えば、キュリー夫人やガリレオの伝記。
面白いSF小説や映画。
興味のあった古代文明の謎。
かじったばかりの遺伝子の話。

それが、宇宙や未来に向けて延びる太い柱のまわりに、螺旋階段ができるようにつながっていくじゃないか!
(アタシの知識は、縄ばしごクラスだがな・・・)
これをどこまで登っていけるんだろう!
登った先に、何があるんだろう!

学ぶことの面白さを、始めて知ったのが、この時だったように思うのよね。

故人となったセーガン博士は、今でもアタシの良き先生。
一生、幅広く勉強して行けたらいいなぁ。

これからも遠い未来や宇宙に目を向けて、今、この時の晩ご飯に取りかかるとしましょうか。

|

« ディープ・インパクト1 | トップページ | ゴミ持って帰って! »

コメント

カール・セーガン博士、懐かしいですね。博士のSF小説「コンタクト」を思い出しました。
映画版は観ていないので、ジョディ・フォスター主演だし観てみようかな。
ではまた。

投稿: Y'S35 | 2005.07.05 20:06

「不思議大好き、カールセーガン」私にとっての氏のスローガンです(笑)
図書委員だったのをいい事に、『コスモス』を学校購入図書として申請。
見事に購入してもらい読みふけっておりましたm(__)m

投稿: pooh | 2005.07.06 10:52

Y'S35様、いつもありがとう!

わ~いっ!! 仲間がいた!うれしいわ。
「コンタクト」の映画、「2001年宇宙の旅」チックで、
面白かったですよ。
アタシも、もう一度観てみようかな?と思ってるとこです。

投稿: にゃにゃ | 2005.07.06 23:06

pooh様、お世話になってます!
そのスローガン、もらった!

「コスモス」は、アタシを「わかった気」にさせてくれる、
「いっぱしの頭になった気」にしてくれる本でした。(汗)

どっかにあるはず、捜してまた読んでみようっと!
まだ読んでない氏の本もあるから読みたいなぁ。
あぁ・・・またハマリそう。。。ズブズブ・・・

投稿: にゃにゃ | 2005.07.06 23:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11682/4840218

この記事へのトラックバック一覧です: ディープ・インパクト2:

« ディープ・インパクト1 | トップページ | ゴミ持って帰って! »