« 終わりましたねぇ2 | トップページ | Jリーグ再開! »

2006.07.16

サッカーという血肉

オールスターも無事終わりましたね。
これくらいお祭り気分のゲームって、楽しい!

今回のボランティア・オールスターは、鹿島が特殊なボラ体制になっているため、開催を危ぶまれたのですが、開催側のご理解をいただき、新潟→大分と続いたボラ・オールスターを、鹿島でも続けることができました。

計画された皆様、現地に行った皆さん、ほんとにご苦労様でした。


で、私は、鹿島への旅支度で忙しい連中を尻目に、飲み会に行ってました。(汗)

2002Wカップで、スワンのボランティアをされた方が、ドイツで何試合が見てきたというので、話を聞きに。
プラス、仲間とだべりに。

まず、根本的にドイツと新潟じゃ、サッカーの歴史や生活への密着度が違うわけで・・・

サッカーに全然興味のない人は、休暇をとってサッサと喧噪の中からトンズラしちゃう。
興味のある人は、トコトン楽しもうと考える。

それに付随して、Wカップを支えるボランティアという考え方も、全然違う。
ボランティアがお祭りを楽しむことが、まず中心!
もともとドイツ人とか警察の人って、あんまり親切じゃないんだって(全部じゃないだろうが)。
それがWカップの間は、人間性変わった!って、地元の人が言ってたそうだから。(汗)

外国人が町中で地図なんか広げようものなら、ワラワラと「お手伝いしましょうか?」と、おそろいのボラ・ウェアの人がよってくる状態だったとか。

スタジアム内でも、アルビみたいにゲート前に総合案内所を作らずに、ボラ全員が総合案内所として機能していたそうです。
まさに熟練の技・・・

「いかに2002Wカップの時、新潟のボラが ~しなければならない という型にはまって汲々としていたか、よくわかった。」そーです。

・・・でも、~しなければならない って、今のボランティア現場でも同じだよな・・・

「これはボラの仕事だ、こればボラの仕事じゃない。」 から始まって、夢も希望も広がらないっていうか・・・ねぇ。

アタシらは、1ヶ月の瞬間芸でボラやってるわけじゃないから、もっといろんな方向に仕事の内容や、楽しみを広げていきたいのだが、なかなか手一杯で活動してると余裕がないよなぁ。

と、愚痴ってても楽しくなるとは思いにくいので、なんか考えるかな・・・(遠い目)

|

« 終わりましたねぇ2 | トップページ | Jリーグ再開! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11682/10969727

この記事へのトラックバック一覧です: サッカーという血肉 :

« 終わりましたねぇ2 | トップページ | Jリーグ再開! »