« 2006第17節 ジェフ千葉戦  | トップページ | 暗っ!旧・日沈 »

2006.08.14

ゲド戦記

を、家族で見に行ってきました。
これで、この夏見たかった映画ベスト3(日沈、MI:3)は、見終わりました。

油絵もいいが、たまには日本画の透き通る山水、花鳥風月はいかが?
そんなノリで見れる1本です。

静かに澄んだ水面に波紋が広がるように、いくつ波紋が起こっても、決して相殺することなく広がるように、心に広がる作品でした。
こういうの、心が洗われるっていう?

特別スペクタクルな展開だとか、目を引くキャラがいるとかいうんじゃないんだよね。
見てて、特に笑うことも泣くこともなかったような。。。

ないんだけど、今一番大切なことが、いっぱい詰まっている話。
というか、時代を選ばず心に染み通る話。
逆に言うと、どこにでもある話?

アーシュラ・K・ル=グウィンの作品は、「闇の左手」とか「所有せざる人々」なんかを読んでるけど、あの頃は若かったからなぁ・・・イマイチ、ピンときてなかったなぁ・・・と、思いましたよ。

ちなみに「ゲド戦記」も原作は読んでません。
長くてねぇ~っ(T^T)、こーいうのは読む前に降参?

アタシ個人としては、「人は永遠の命を持っている」と確信しています。
ま、アタシ自身が魔女みたいな生き物ですから。。。(汗)

あなたはどう感じるか、機会があったらぜひ見に行ってくださいね。

※テルーの歌のシーンがとっても素敵でした!

PS.
今回は、無事e席リザーブで発券されましたよ。(笑)

|

« 2006第17節 ジェフ千葉戦  | トップページ | 暗っ!旧・日沈 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11682/11430933

この記事へのトラックバック一覧です: ゲド戦記:

« 2006第17節 ジェフ千葉戦  | トップページ | 暗っ!旧・日沈 »