2007.07.19

中越沖地震の復興支援一覧

夕べ、北陸自動車道が全線通行できるようになりました。
よかったですねー。

中越沖地震発生から3日が経ちました。
まだまだ震源地近い柏崎、出雲崎、刈羽などでは、大変な状況が続いています。

今回は、前の中越地震経験があるので、かなり早い段階で支援体制が整っていっていると思います。
が、だからといって倒壊した家屋が、ムックリ起きあがるわけじゃありません。

物心両面からの、大きな支援が必要です。

以下にボランティアや物資、義援金などについての情報をアップしますので、ご活用ください。


○新潟県中越沖地震関連情報
 信頼できる情報が集まっている、県の情報サイトです。
 刻一刻と変化する情報もあります。
  http://bosai.pref.niigata.jp/bosaiportal/0716jishin/

○新潟県中越沖地震災害救援ボランティア関連情報
 ・新潟県災害救援ボランティア本部
  新潟県社会福祉協議会のホームページです。  http://www.fukushiniigata.or.jp/activity/volunteer/saigai3.html

 ・新潟県災害ボランティア活動連絡協議会のホームページです。
 県内のボランティア活動、募集情報などが集まっています。
  http://www.tatunet.ddo.jp/saigai/

○長野県災害情報
 長野県庁の危機管理局のホームページです。
 長野県の被害状況などが、まとめられています。
  http://www.pref.nagano.jp/kikikan/saigai.htm

○長野県災害ボランティア情報
 長野県社会福祉協議会のホームページです。
 長野では、現在ボランティアの募集をしていません。  http://www3.logos.co.jp/nvac/index/menu_0505_saigai/2007nagano_jishin/index_nagano.html

○救援物資の送り先
 新潟県では、個人からの援助物資の申し出を、当面は辞退しています!
http://bosai.pref.niigata.jp/bosaiportal/0716jishin/kyuen/index.html

○義援金について
 ・ 日本赤十字
 ・ 新潟県赤い羽根共同募金

※その他、これからどんどん募金窓口は増えると思いますが、確実なところに募金してください。
どこから募金しても、新潟県では、募金されたお金を こんな方法で 分配するそうです。

○新潟県ボランティア活動に係る寄付金受入れ口座
 
 ・新潟県社会福祉協議会
 第四銀行県庁支店 普通 1133636
 社会福祉法人 新潟県社会福祉協議会
 事務局長 大口弘人(おおぐちひろと)

 ・新潟県災害ボランティア活動連絡協議会(振込料協議会負担)
 新潟県災害ボランティア基金
  http://www.tatunet.ddo.jp/saigai/cat51/

以上

よろしくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.18

長野のボラ情報は?

長野もけっこう揺れたんですよね?

あっちはどうなっているのかな?と、長野県庁の危機管理局に行ってみると・・・
PDFファイルを覗くと、全壊・半壊という家屋はないようですね。

ボランティアは募集しているのか?というと・・・
長野県の社会福祉協議会が仕切っているようで、長野県ボランティア地域活動センターに情報があります。

個別に長野県災害ボランティアセンターは設置せず、対応していくようです。
従ってボランティアの募集もないです。


※左サイドバーの中越沖地震復興関連のリンク先を、ダイレクトに新潟県災害ボランティア活動連絡協議会にしました。
ご活用ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.17

ボランティアに関する情報など

中越沖地震関連の情報が出ていますので、左のサイドバーにあるリストを変更しました。
ボラセンに関する情報と、災害そのものに関する情報です。
必要な方は、拾っていってください。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

今度は「沖」ですか?

中越沖地震に遭われた皆様、
亡くなった方のご冥福を祈るとともに、被害にあわれた方々に対し
お見舞いを申し上げます。

またしても激震のまっただ中にありました、我が家。
揺れ方なんでしょうね?
幸い、震度としては前回の中越地震と同じなんですが、ライフラインも無事ですし、物も少し落ちたくらい。
破損した物が散乱し、200kgはあるピアノが大移動した先回と比べると、軽くすんだ本震でした。

ンでしょ?きっと。。。

というのは、アタシは東京都内にいまして、10時13分の山手線に乗ろうと、ず---っと電光掲示板を眺めていたんです。
まったく地震には気がつかなかった。

携帯に亭主からメールが来て、ビックリ!
目的地の会社で情報収集!

東京駅にとって返したんですが、上越新幹線は、19時に点検が完了するまでは動かない!
中越地震の時に、知人が東京から帰れなくなって大変だった話を思い出し、「渦中に飛び込むよりは、都内に1泊しようか?」と思ったり、空を使っても新潟から動けるのか?とか、頭グルグルでした。(T^T)

けっきょく17時近に新幹線初列車が動くまで、構内の階段に座って待機。(汗)
19時には動きそうだというアナウンスがあったのと、絶対今日中に帰れるという予感があったので、待てたかも。(笑)

動いても湯沢で点検完了待ち。
18時半くらいに、魚沼トンネル(?)で崩落があり、湯沢から動く見込みがなくなるとアナウンスされると同時に、長岡まで臨時高速バスを運転するので、乗りたい方はどうぞ!と言われ、飛び乗ってきました。

亭主に長岡まで迎えに来てもらい、家に帰ったのが20時半。
しっかりアジアカップを見てましたね・・・TV。。。
うちに帰ってきたなぁと思いましたよ。

ここまで度重なると、言葉もないってのが正直な気持ちです。
身体に感じる余震が、前に比べると「ここは」緩いし、数少ないので、ホッとしてます。
またいつドーンと来るか分かんないので、しばらく要注意生活です。
頑張りましょう!!

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2007.03.27

能登半島地震のボラ・義援金など

激しく出遅れているんですが、中越地震のまっただ中を経験したアタシとしちゃ、とても人ごとじゃございません!
今回も病院の上の階にいたので、すごい揺れましたよ~!!

被災地の皆様には、心よりお見舞い申し上げます。

が・・・ちょっと災害ボランティアとか、実動は今のアタシじゃ無理。
ってことで、災害ボランティア及び各義援金の受付について情報だけですが。。。(涙)

内閣府・防災情報HP を紹介します。

この中の 現在の防災ボランティア関係情報 の中に、大概のボランティアや義援金、支援物資の送付に関する情報や、各市町村などへのリンクが載っています。

情報がほしいという方は、ご利用くださいね!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.10.24

思い出の、とき325号

新潟県中越地震 から2年の歳月が流れました。
亡くなった方の冥福を祈ると共に、まだ普通の生活に戻れない多くの方々に、心からお見舞い申し上げます。

1年目の去年は、ハッキリ言って思い出したくなかった。
「もう、アタシは普通なんだ。どこもなんともない。(恐いから)」って感じで。

今年は、ちょっと落ち着いていられるかな?
アタシはサッサと忘れたい口だけど、家族の中でも温度差を感じますね。

あの時、何が大変だったかな?
ライフラインがなかなか復旧しなかったのも大変だったけど、余震がおさまらなかったのが一番シンドかった気がします。
本震より余震の方が大きい上、 回数が圧倒的に多く 、期間が長かった。
しかもこの年は豪雪で、雪下ろしをしないと、いつ余震で傷んだ家が潰れるかわからない。
いつまでも地震から離れられないことだったかも。

あのころ、一番涙した「上越新幹線とき325号・ありがとう」というFLASHの作品を見つけることができたので、見てみたい方、 乗車口はこちら
直下の地震で、橋脚も折れず、横転・転覆せず、負傷者ゼロという、奇跡の新幹線からのメッセージです。
乗車という文字をクリックね。

続編や作者様の思いのページは、 こちら

人によって、あの地震の時に、またそれ以降、守ったモノって様々だと思うんだけど、妙に重ね合わせて見えてしまうのね。
壊れていってしまったものと共に、悲哀・・・そんなものを共有しながら。
癒される、いい作品だと思いました。

興味のある方は、どうぞ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.01.16

除雪ボラ必須用品の話

今日の日報を読んでいたら、スニーカー履いてくる、不慣れな除雪ボランティアのネタが・・・(汗)

少ないひどいケースの代表格なんだろうけど、やっぱりいるかぁ、と・・(苦笑)

以前、雪ほりボランティアスコップ2006募集のアタシの記事でも書いたんですが、ほんとに雪かきに慣れてる人は、自分ちのことで手一杯なんですよ。
最近、暖気になって溶けたでしょ?って言われるんですが、
逆に水っぽくなって重くなり、屋根から落下しやすくなってるんですね。
この上に、気温が下がって雪が降ったら、屋根の上で表層雪崩よ。(笑えない!)

各自治体が、雪そのものにド素人のボランティアなんか、おっかなくって使えないわけですよ。

でも、志がある人は、せめてこれだけは用意必須!

☆カッパ上下
 ・厚手のもの、ウィンドブレーカー程度では、吹雪や雨の中では凍えます。

☆長靴
 ・長めで滑りにくいもの。(やったことないですが、昔の人は長靴の上から縄を蒔いて、滑り止めにしたそうです)
 ・カッパズボンを脱いだ時のために、雪が入り込まないような仕組みのものか、足カバー(事務用の腕カバーの足版が売ってる)があると便利。

☆帽子
 ・天候に合わせてね。

☆手袋
 ・中に軍手をしてゴム手袋をすると、滑らないし濡れない。

☆ホッカイロ 
 ・汗をかいても、足は雪の中!特に足先が冷えるので専用のがあるといい!

☆着替え一式
 ・下着も!アタシは胸と背中にタオルを着て、お昼などの長時間休みに抜く。汗で身体が冷えなくていい。

☆水
 ・汗をかくので、小さいペットボトルをポケットに入れて、こまめに補給します。

なんでもそろってる、亭主の実家の雪下ろしでも、これだけは用意して行くので、皆様もぜひぜひヒントにしてね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.08

除雪ボラ募集!

弱り目に祟り目っての?
神様?アタシら何かしました?
と言いたくなるような、凄まじい降りでございます。雪。

とうとう自衛隊がお出ばりでございます。(汗)
いっつもご苦労様です!

県も本気でボラ募集中でございます。
以前ご紹介しました募集期日限定雪ほりボランティアスコップ2006が、常時募集になってます。

ご応募、激しくお待ちしております!
いざとなったら、うちも頼むかも・・・(T^T)

はっきり言って、雪を安全にさばくには、雪になれている人達が一番いいんです。
が、雪になれてる人は、今、自分ちの雪で手一杯!
毎冬スキーは必須!上級!
一見頼もしいんですが、それと屋根の上じゃ話違い過ぎ。
滑って落ちないでくださいね!
それより冬山登山経験者の方が、適応力あるかも。
くれぐれも実務の時には、気をつけてくださいね!
ケガしないでね!

サイドバーにも入れておきましたので、クリックしてみて。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.12.12

スコップ2006募集!

昨日から始まったトヨタカップジャパン2005、楽しんでおります~。
今日はカズが出るしぃ、楽しみ~!

で、その前に本日は、「雪ほりボランティアスコップ
2006」のメンバー募集・登録
の告知。

突然、県庁地域政策課雪対策室からメールが来まして、「今年もよろしく!」って感じ?(汗)
そーなんだよね。
まだまだ、みんな仮設に住んでいるんだよね。
いまだに屋根にビニールシートかかってる(修理終わらない)お宅が、あるのだ!

1年で、もとになんか戻らないの!

アタシなんか最近、忘れたい一心だもんな・・・
振り返りたくもない!1周年記念の記録本なんか、手に取るのもイヤだ!
「あんなことは、なかったことにしよう!」みたいな・・・(滝汗)

しかし、これはやらずばなるまいよ!
ってか、亭主の実家修理はしたけど、家自体が弱ってるから、こっちがボランティア募集・依頼するかも。
去年みたいなら・・・

ということですので、皆様、よしなに!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.11

川口の米 ~復興への道~

先週の過去ログなんですが、新潟交通のOさんから突然お米が届いた。
komeなんで新潟交通のOさんが米を?
同封されていた手紙に「かぎとみツアーに、5月28日までに旅行申込みをして頂いた方に贈らせていただきます。」とある。

子供が「川口出身のOさんのお母さんが作ってる田んぼで、今年ちゃんとお米がとれたら、贈るって言ってたじゃない。」と・・・

そうだ、あの時バスの中でガタガタの高速を走りながら、彼は震災の時の話を、家族や復興への人々の姿を語ってくれたっけ。
アタシは、自分の経験とオーバーラップさせながら聞いたっけ。。。

あの震災に負けずに立ち上がったOさんのお母さん。
その田んぼから収穫したお米を、アタシ達の支援への感謝と復興の印として、無償で贈ってくれたんだ!

胸が熱くなった。。。

間違いなく復興しているんだ!

ラグビーの時のスタジアムで、平原綾香のジュピターにの曲にのせながら、震災の写真がオーロラビジョンで映し出されてた。
仲間が「人工芝が山古志の棚田に見えるね」と笑った時、胸が詰まった。
あの時の揺れが、その後の恐怖と混沌が自分の中でリプレイされて、涙が出てきた。
そっとトイレに行って泣いた。
きっと、このお米が引き金になったのね・・・

あれからもうすぐ1年、やっと泣けるようになったのかも。(笑)

頑張れ!川口 !
  頑張れ!アタシ!

まだ世界規模で震災は続いてる。
アタシにできることを捜そう・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)