2007.08.22

夏休みの旅

遅まきながら、お盆の帰省ラッシュとずらして、家族で猪苗代へ行って来ました。

大好きな五色沼の毘沙門沼で、涼みがてらボーッとボートに揺られ。
(紫陽花が咲いててビックリ!季節が遅い?)

Inawasiro3会津藩校・日新館で弓道や乗馬なんか体験!
生まれて初めて馬に乗った私!
猪苗代の方に大きな牧場があって、そこなら風を切ってはしれるよーって話を聞いたんですが、馬の乗って走ったら、かなりお尻が痛かろう?と、想像だけで挫折・・・(涙)

Inawasiro4馬にエサをあげる時は、指の間にエサを垂直に立てて、口を手で包み込むようにすると、かじられずに上手に上げられるよ!

その他に猪苗代の湖水浴・・・
と思ったんだけど、日頃、すさまじく透明度のいい海で泳いでいるので、砂が巻上がり、自分の足すら見えない水の状況にビビリ!
こんなところに入りたくないと決まり、遊覧船でお茶など濁してみる。。。

この日は、以前、かぎとみさんと一緒に行った、リステル猪苗代に宿泊し、盆暮れ兄弟はプールと大浴場へ!

Inawasiro5次の日は雨になっちゃったので、予定外の天慶閣見学!
明治時代、有栖川宮威仁親王殿下の別荘として建てられたものを、紆余曲折の末、見学できるようになったものです。
ルネッサンス風のゴージャスな洋館。
カーテンも調度もマントルピースも、す・て・き!

ここの食堂で、地元の季節のフルーツたっぷりのスイーツを味わう 天鏡閣ロイヤルティー&スイーツ という企画に遭遇!

こんなに美味しい話は、素通りできません!

Inawasiro6が・・・なんか、展示室なので人は覗いて行くし、だだっ広いし、有栖川さんの胸像にはジッと見つめられてるし、落ち着かねぇ!(怒)
                    ↑
テーブルがデカくて、立たないとシュガーポットに手が届かないし!

やはりパンピーは、パンピーの食環境ってものがあるのよね。ふっ
と、なんか変に悟って帰ってきました。。。

とにもかくにも、楽しい旅ができてよかったです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.27

まだいるのぉ~?

先日、栃尾に行って静御前の墓を中心に、史跡を回ってきた話をしたでしょ?

あの中で、茨木童子(酒呑童子の右腕)が栃尾の軽井沢出身と、はじめて知った話をしたのだが。。。
今日の新潟日報の『妖界にいがた』を読んで、ひっくり返った。(笑)
(文と絵を担当している、高橋郁丸さんのblogは→こちら)

虎熊童子(酒呑童子の配下で四天王の一人)も栃尾の熊袋出身!

うっそ~~~っ!! まさに鬼の産地?
すっげぇ~~~っ!!

熊袋は、人面(ひとづら)峠の近くかぁ・・・出るっていうなぁ、あのトンネル。。。
栃尾って、昔は行き止まりみたいな場所だったから、いろいろ隠れていたのかなぁ・・・(汗)

などと思ってみたが、茨木童子の説明書きの看板に、「鬼というのは都の貴族にとっての話で、貴族を懲らしめた酒呑童子達のことを、村の人はよく思っている」みたいなことが、書いてあった。

さもありなん。

鬼の角は誰の心にもあり、菩薩もまた誰の心にも住まう。

そんな感じでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.23

なんでこんな所に静御前?

史跡ガイドボランティア仲間で、旧・栃尾市に行って来ました。
史跡ってのは、自分の市町村だけで成り立ってないんですよ。
県下全域、日本国中、気づくと世界につながっている!
実は壮大なドラマなのだ!! ゲホッ・・

日本全国津々浦々、山の中や島というと「流された」だの「逃げてきた」だの、一つや二つ歴史があるもの。

でも、なんで栃尾に静御前の墓なわけ?

昨年の大河ドラマ『義経』で一躍脚光を浴びたということで、遅まきながら行ってきました。

5まず羽黒神社
社殿の龍の彫り物がすごかった!

4
境内の大けやき道祖神・・・(汗)

羽黒神社には、乙羽御前の石碑があります。


                                                                                                                                                                                                                                                                     
次に静御前の墓へ・・・(詳しくはリンク先へ)
全国7カ所に墓があるそうですよ。

次は、那須与一古戸城跡
なんで那須与一がこんな所に出てくるんだ~~~っ!! 
わっかんねー!
と、頭を抱えながら見てきました。(笑)

次は、曹源寺
檀家千人という、デカいお寺!
欄間の彫り物がすごい!
彫刻師石川安兵衛(号:雲蝶(うんちょう))といわれる欄間が、2枚ある!
お寺の中の延命地蔵菩薩は、デカすぎだし!

で、通りすがりに茨木童子のふるさとに出会ってしまった・・・
茨木童子って、酒呑童子の右腕の鬼!
ちなみに酒呑童子のふるさとは、旧・分水町。
新潟って、鬼の産地か?
3

最後に、長岡との堺の峠八方台へ。
ここでは、見送り地蔵を見て、牧野の殿様が領地を眺めたという場所の石碑を見てきました。

いや~~~っ!! 疲れたわ。
でも歴史って、ホントに面白いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.12

ゲージツの秋-大地の芸術祭-

しばらく留守にしてしまいました。(汗)
皆様、お元気でしょうか?

ケージツの秋ということで、駆け込みで、大地の芸術祭-越後妻有アートトリエンナーレ2006 -に行ってきました。

とてつもなくエリアが広いので、1日で全部見るなんて不可。
1日ツアーで、松代・松之山周辺コースをチョイス。
それでもエリアの1/5、作品もその中の、一部。

Daishi7

とにかく、自然が芸術!
人が作ったものは、ゲージツって感じでした。
やはりそういう部分を意識して、土・火・風・水・育てるをモチーフにした作品が多かったです。
空き家プロジェクトといって、使わなくなった民家や廃校を再利用できるように、すっごーくケージツ的に作り直してあったり、作品を展示してあったりというのが、楽しかったですよ。

Daishi3_1これはガラスの中に、地域の人達の昔からの写真を入れてある家。
影まで写真になる!
でも、住むにはウルサいかも・・・(汗)

Daishi4
お昼によった足湯のゲージツ。
青空に映えて綺麗だった!

Daishi5怪獣ウーではなく、収穫の家というゲージツ。
この家の隣に不老不死の薬という家があったのだが、デカいフラスコに地域の薬草を、35度の酒につけ込んであるのを、飲ませてくれる。
苦くて飲めてもんじゃない! というゲージツ。。

見た中で一番イヤだったのが、夢の家というゲージツ。
部屋ごとに棺桶(?)がおいてあって、違う色の照明になってる。
そこで宇宙服みたいなスーツを着て寝、見た夢がゲージツ。。。
赤い色の部屋に入った途端、頭痛がして気分が悪くなってしまった!

ずっと行きたかった美人林に行き、「森の学校」キョロロにも行きましたよ~。

Daishi6

ここにも、全面パネル写真のゲージツが・・・
虫が嫌いな人は、地獄のようなゲージツだな。(滝汗)


ざっと76個のゲージツを見てきたはずなんですが・・・
もう一度見たい作品は?といわれると、黙っちゃいます。(笑)
どれも凄くて、メインディッシュがないんですね。
その上、これでもか~!と見るので、腹一杯!満腹!
とーぶん、美術館はパスです。
ゲージツの秋、始まった途端に終わってる気がする・・・

芸術祭としては終わりましたが、作品が撤去されているわけではないので、まだ見れると思います。
興味のある方は、是非どうぞ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.08.31

踏んだり蹴ったりアッパーだったり(汗)

ガンバ戦・・・
なんで傍観者やってるかな?(怒)
各自が他のメンバーにお任せ試合?
ちょっとしか見てないんですが、そんな感じ。。

これは昨日のトドメのアッパーでしたね。。。

昨日は、夏場最後の史跡ガイドボラということで、20人ほど連れて、徒歩でお寺巡り。
今回、各寺の住職さんが案内をしてくれる予定なので、お客同然!・・・

が、1件目のお寺に着いたところで、まず踏んだり
「2件目のお寺、住職さん留守だから・・・にゃにゃさん、説明頼むは。」

はぁ?! そういうことは、前もって言ってよ!
この前ガイドしたのは、何時? 覚えてないよ!
慌ててガイド用の資料を見るが、自分で調べて書いた資料なのに、漢字が読めねぇ~!(自爆)
バス移動なら、資料を読む余裕があるのだが。。。万事休す。

そこへ蹴ったりの土砂降り雨!

雨具のない人と、相合い傘したら、身体半分ビッッショリ!
公民館のライトバンが、ピストン輸送をしてくれたけど、乗れなくて、バンの荷台にうずくまって乗りました!
普通車のトランクに入れって言われるよりマシ?

開き直りの精神で、なんとか説明をし、お宝を見て頂き無事終了。
住職の流ちょうな説明と法話に挟まれて、ひときわ異彩を放ったのではないかと、穴掘って入りたい気分でした。。。(涙)

でも、それなりに楽しかった!o(^^)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.01

史跡ガイドボランティア

を始めて、かれこれ5年くらい?

なんでこんなことを始めたかというと、アタシも亭主もこの土地の人間じゃないから。
なのに子供だけは、この土地生まれ。
子供が小学校に行った時に、何一つ教えられない自分に愕然としたから。

で、勉強を始めたら、いつの間にかなっていた。(笑)

専門的な知識で突っ込みをいれてくる人も手に余るが、興味も関心もない小学校1年生相手ってのは、地獄ですわい!
保育園児に歴史を語れ!って言われてるようなもんだからな。
正直言って、「雨でお流れになってくれ!」と祈らずにいられなかった。(汗)

まず言語が通じない・・・
「江戸って何? サムライって何?」
・・・話が始まらないってばよ!(怒)

説明に絵を使ったり、クイズをしたりと、3分集中させるのに必死だよ。(T^T)
学校の先生の苦労が忍ばれます。

連綿と続く人の歴史の流れに思いを馳せながら、今の子供達を取り囲む環境も、考えさせられた日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.15

冬鳥越スキーガーデン

今年も昨日、加茂市にある冬鳥越スキーガーデンのバラ園に行ってきました!
メチャクチャいい天気だし、バラは満開だし、文句なしのハッピーデー!

実は一昨日、サークルで出かけて、あまりキレイだったので今度は友達と。
両日ともヘロヘロで、サッカーも見ないでバタンキュー。

朝起きてから、盆暮れに「昨日のスペイン戦、どうだった?」とか聞いてるし・・・
も~~~っ、Wカップだというのに、情けないったら!

それでも綺麗なバラがいっぱい見れて、これはこれでいいのだ!

Rose04Rose02

同じピンクでも、ビミョ~に違う色と形。
バラの香りの凄さに圧倒されたり・・・

アマチュアカメラマンのおじーちゃんが、バラの色ごとにファインダーを覗かせてくれたの。
1枚の写真に切り取る時の、命の凝縮した色合い、花そのものの気の流れに、心打たれました。

お気に入りのブラックティという花です。
Rose05

今度、このバラの苗を買って、植えようと思ってます。
なかなか手入れが大変なので、老後の楽しみになりそうですが・・・(笑)

帰りに加茂市内によってお昼を食べてきました。
なんだか久々に、友達といっぱいしゃべったぞ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.01.23

初花見

新津の県立植物園に行って来ました。

どっちを向いても雪の結晶だらけの我が家の外。
やたらクリスタル・クリスタルな風景に、NHKが「雪の女王」なんて番組をやるからなんじゃ?と思いたくなる日々です。
命の輝きを求めて行ってきました。

↓艶やかな命の色のお裾分け
さすがにこのシーズン、ここでも花が少なめ。。。
それでも、とてもきれいな色がいっぱい!
hana1

hana2

hana3

hana6

hana7

第5回 古典園芸植物展』がメインイベント。
シュンランとかヤブコウジとか、シブッ!
艶やかな色が見たいアタシには、失礼ながら鼻白むものが・・・
しかし、この美学はすごいと思う!
hana5

↓和の空間美!さわりだけ。
メイン会場の空間の美は、ちょっと写真じゃ伝えかねます。(アタシの腕じゃもっと無理!)
宇宙空間には何もないなどという定説を、根底から覆すことができるのは日本人だ!
と、思わせてくれるディスプレイ。
ぜひ、その空間に立って、味わってください。
hana4

毎年、各季節のイベント事に行こうと思っているのに、なかなか行けないのが現実。
今年こそは・・・o(*^^*)oわくわく

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.09.23

白玉の・・・

部活だ!試合だ!弁当だ!
で追っ立てられた前の3連休が終わり、次の3連休に突入!

間に、アタシのお休み日(必須)。
友達と新津の白玉の滝、三条市の保内の熱帯植物園温室に行ってきました!

アタシ「昔、山伏が滝行した、ありがたい滝って話だよ。」
友達「え?じゃ、私達も滝に打たれてくるの?」
アタシ「そうそう、水着忘れないようにね!」
友達「えぇ~~~っ!! マジで?」
アタシ「ジョーダンだよ!(本気にするなよ)」

しかし正直な話、濡れてもいい格好をしていくべきだしたね。
あの滝は、正面から見てもいいんですが、裏側に潜り込んで眺めると、一層白玉度(落下する水滴の美しさ)がアップします。
是非おすすめの鑑賞法!(笑)

この滝も、もう何度か行ってるんですが、駐車場から先でガラッと雰囲気が変わります。
森の中に入ったような、なんとも「もののけ姫」「ナウシカ」っぽいムード。
水量は少ないですが落差がそこそこなので、マイナスイオン満喫できます!
今ごろの平日は誰もいないので、ゆっくり考え事をするもよし、座禅を組んでみるのもよし、打たれるのもよし(滝の下まで行けるよう、階段が着けてあった)、いい場所です。
紅葉の季節は、きれいなので混みます!
気の向いた方はお出かけくださいませ。

保内の熱帯植物園は、はじめて行きました!
タダで入れるって、サイコー!(涙)
タダなのに、しょぼくない!全然しょぼくない!(感涙)
いい香りのする外の花壇でお弁当を広げて、おそい昼食。
あぁ、極楽!

あんまり極楽で、デジカメ持っていったのに、一枚も写してきませんでした・・・

さぁ!これを鋭気に、次の3連休を行きます!(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.09.18

連休の中日

本日、盆暮れ・弟が吹奏楽部の発表会で出かけたため、またまたアルビが後回し。
後で録画を見ます。(汗)
8月20日過ぎに骨折完治と医者に太鼓判を押され、そこから練習を始めた盆暮れ・弟。
ダメダメだろう?と思っていたけど、イッチョ前に先輩と五分はって演奏してました!
個別の音が聞こえんのが幸い?(笑)
親としては、ホッとしてます。。。

で、その前に、亭主とアタシは日頃の運動不足解消のために国上へ!

秋にさしかかった国上は、実りの季節を迎えていました。

↓赤い実。でも違う?
kugami9183

kugami9184

↓ちっちゃなドングリ!
kugami9182

いつもは息せき切って登る山を、今日はその道程を楽しもうと、ゆっくりゆっくり。
そうすると、向こうから楽しみごとって寄って来るものです!

kugami9188←ヤマボウシの実
7.8人の子供達のグループが何か拾ってるの。
なんだろうと近づくと、子供達の方から「ヤマボウシの実、分けてあげる。おいしいよ、どうぞ。」と木の実を手渡してくれました!
アタシははじめて見る木の実!食べられるの?
恐る恐る口に入れると、トロッと甘い果肉が口の中に広がります。
うわっ!おいしい!
男の子達は、木の上に登って木を揺すり、実を落とそうと必死!
うわ~~~っ!! この子達幸せそう!
それを見ている大人の人も、とっても幸せそう!

こんな木の実がなるなんて、今の今まで知らんかった!
なんという損失!
「春、ハナミズキのような花が咲く木があるでしょ?あの花かこの実になるの。」と教えてもらいました。
そういえば、思い当たる!

それ以後、あっぽん面して上だけ眺めて登ってきました。(笑)

↓青い実
kugami9185

転けそうになったので、下を見る。(笑)

↓生き物と少ない花達
kugami9186

kugami9187

何時登っても、短い道程の中にいっぱいの幸せを見せてくれる、この山が大好き!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧