2007.06.14

菊ちゃん・・・アンタねぇ。。。

一ヶ月のご無沙汰でございます。

のっけに、これですかい?
ってか、今朝、新聞開いて目が覚め、ぶっ飛びましたさ。
思い起こせば、あの試合・・・
菊ちゃんがキーパーやるハメになった試合があったはず。
あの時、菊ちゃんビックリして「え?俺!?」ってなこと言ってましたよね?
たぶん、今朝のアタシは、あの時の菊ちゃん自身よりビックリしてたと思います。

逮捕 って、日本語?みたいな・・・

これだけの前途と才能をもった人でも、こんなことをするか? 
絶句です。

菊ちゃんがやったことは、もう菊ちゃんが自分でケリをつけていくしかないわけで、不幸なことに、元に戻すことはできないわけです。
徹底的に反省していただきたいと思います。

ここでフッとアタシの頭は、うちの若手に飛びます・・・

サッカー選手って、ホントにそれ一筋で、(能力があればあるほど)その世界しか知らないで生きてるのね。
カッコイイ選手は、お手紙(中身は深く追求しないが)の山だろうしね・・・
たまにクラブが子供相手のボラ活動だとか、お仕事体験とかさせてますが、結局それも瞬間芸の域を出ないんじゃないかと・・・
必然的に、世間が狭くなる可能性もあるわけですよ。
まかり間違って、自己評価の変な思い違いをする選手が、ゼロとも限らないわけで・・・

そうなったら、ここは年齢層が広いことで名の知れた新潟サポの出番!
自分の子供を育てる気持ちで、若手選手を見ていきたいものですよね。
例えば・・亜土夢とか・・・亜土夢とか・・・河原とか・・・その他とか・・・(笑)

そこまで突っ込んだお付き合いのあるサポさん方、一つよろしくお願いします!

さて、アタシもそろっと現場復帰を考えてます。
ボラ活動は来月あたりから、今月は今季初観戦ってことで、まずアウェー大宮戦を皮切りに、行きます。
またよろしくお願いします。

PS.
亭主が帰ってきてから、このネタを伝えたんですが、亭主曰く、
「ジュビロ、最近上手くないみたいだから、うっぷん溜まってたんじゃないの?」
って・・・
そーいう問題で、こんなうっぷん晴らししてるよーじゃ、逝っていいよ!って世界だろーさ!
バカ亭主!
オメーも・・・(怒)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.02.13

C級指導者養成講習会

またしても、遅ればせながらになってしまったんですが、OFFのフナゾーめっけ!

C級指導者養成講習会に参加してました。
うちの三田君も・・・

Jリーグ選手協会の SPECIAL INTERVIEW に 前半 後半 の記事で紹介されてました。

なんか・・・大丈夫なんだろうか?
こーいう人達が指導者なんかになって・・・
まぁC級だからな。(遠い目)

でも、子供達にこそ、いい指導者がついてほしい!
日本の輝かしいサッカーの未来のために!

頑張れ! C級指導者諸君!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.12.31

Wカップ・プレイバック

を見ながら書いてます。
3位決定戦、面白かったわぁ~っ!
懐かしい~!
結局、紅白でも第九でもなく、私はサッカーね。

この間から、NHKの衛星で一挙何放送した「歴史を変えたワールドカップ」を、1本ずつ夕食の時に家族で見て、勉強してます。
過去のWカップで、どんな戦術が生まれ、どんな風に変化していったかを見れるの!
「スイーパー」「リベロ」「カテナチオ」・・・
「アルビのカテナチオって、鍵かけてもドア自体が壊れてるよな?(溜息)」とか。(笑)
亭主なんか「この試合、三菱ダイアモンドサッカーで、楽しみにしてみてたな~っ」とか、懐かしそうよ。(笑)
2006Wカップ前に放送したものなんだけど、NHK得意の再放送ってヤツです。

今まで漠然としか知らなかった戦術の歴史が、一気に分かって面白いです!


さてさて、今年も後少しで終わりですね!
今年は尻すぼみになってしまい、なかなかこのblogが更新できない状態になってしまいました。

一つには、別ジャンルのblogを始めて、そっちが忙しくなってきているから。
後は、アルビの試合そのものが、今年は面白くなかったから・・・
書くとすさまじく長くなるんだけど、何をやりたいのか分かんないというか、勝つ気あるのか?と言うか。ね?
後、ボラのことを書きたくても、どこまで私が書いていいか、本気で分からなくなってきたから。
あれもこれも自粛しているうちに、「そんなら書かなくていいや!」って気持ちになってきたから。

来年、もう1年だけ仕切なおして、アルビと私のいろいろな物事を、見直してみたいと思うの。
今、ボラとしてもサポとしても、すごく宙ぶらりんな感じ。
このままじゃ続かない気がするから。

今年はいろいろお世話になりました。
来年もよろしくお願い致します。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006.09.21

育てること・育むこと

平山相太君ネタがかしましい。

今日の新潟日報にも、U-21代表候補の練習試合ネタが載っていた。
期待の平山相太君には、酷評でしたな・・・
あっちこっちで、期待した分、辛口?

確かに、この間のサテ戦も、精彩はなかった。
気持ちの問題、大きいのかな? 

アタシには、彼が若き次世代、日本代表候補を見る世間の目の典型に見えるの。
変に突出しているだけに・・・

平山君に限らず、彼に隠れて見えない選手達だって、同じく磨かれない原石であり、未来の宝玉なのだ!
彼は、いや彼らは、反町監督じゃないが、まだまだこんなもんじゃないと思う。

アタシらサポだって、実は審判と同じ。
「コイツは○○だ!」と、ジャッジをするなら簡単!
カード出しまくって、ゲームを面白くなくしてしまうなんて。

サポは選手をよく見て、ちゃんと状況を汲んで、ゲームを楽しく成り立たせて行かねばならない。
そっちの方が、絶対面白いはず!
「メンドクッセー!」
というヤツもいるだろうが、育てるってメンドクッセーんだよ!

新聞見ながら、そんなことを考えた本日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.06

アジア杯予選 vsサウジアラビア戦

最近、アジア杯についてなんにも書いてないなぁと、気づいた。(笑)
オシム監督になったら、一気にメンバーがわかんない!(T^T)
やっとこの試合当たりで、名前と顔とプレーが一致してきたよ。(滝汗)

このサウジ戦は、審判がアップになった途端、うちの男どもが沸いた!
懐かしい~~~っ!!
生きてたかい?アンタ!
あの時は大変だったなぁ。(涙)

そう・・・2004アジア杯の時、PK戦まで行った試合で、笛を吹いているはず!
延長戦で、もう審判がヘロヘロ。。。
倒れるんじゃないかと、我が家は頑張れ審判コールをおくった記憶が・・・

あれから、もうそんなに経つのか・・・(遠い目・・・)

今回は、そんなに走らせないよ。フッ・・
と思ったら、サックリ負けて時間内にけりをつけてしまった。。。(滝汗)
なんて審判思いのジャパン!(・・・関係ないか?)

ほんとに、決める時に決めないと決まらない。。。
当たり前のことなんだけど、どっかのチームを見ているようで、イライラしましたわっ!
ガンバ戦の後だっただけに、余計。
コイツらも、ゴールの角狙ってシュートしてるのかぁぁあああ!
みたいな・・・

やっぱ村井選手にいてほしい!
絶対 村井だ!
いないと余計よく感じるのかもしれないけど、村井がいい!

今、一番気がかりなのが、このメンバー、これからどうなるの?
2004本大会で完全アウェーの日本が、あこまで戦ったのが印象深くて、今回も期待!
その時、鬼気迫る戦いをするのは、誰?

選手が育っていくのが、とっても楽しみな大会です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.22

風見鶏

       オシムの“世界基準構想”を全面支援!
           Jリーグが新体制を発足

カチンときたのは、最大のネックは降雪地帯の雪だが、犬飼専務理事は「人工芝にすればいい」 というくだりだが、人工芝の体育館でやれってことなの?(謎)
スタジアムクラスの建物に積雪に耐えうる屋根つけたら、センターサークルの真ん中に柱がいるのでは?

ボランティア終了後、すべて終わったピッチの芝に触れるのが楽しみなアタシには、読むに耐えない話だよ!(怒)
どれだけの人があの芝を・・・無念の思い!


実は、そんなことはどーでもいいのだ。

それよりも、この間までジーコ!ブラジル!あっち向いてホイ! 
その前は・・・こっち向いてホイ! その前は・・・あっち向いてホイ!

今度は・・・こっち向いてホイ! 次は・・・あっち向いてホイ!

Wカップに優勝するまで
     クルクルやってるつもりなんだろうか?

そっちの方がよっぽど、無念の思いなんですけど・・・(溜息)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.07.16

サッカーという血肉

オールスターも無事終わりましたね。
これくらいお祭り気分のゲームって、楽しい!

今回のボランティア・オールスターは、鹿島が特殊なボラ体制になっているため、開催を危ぶまれたのですが、開催側のご理解をいただき、新潟→大分と続いたボラ・オールスターを、鹿島でも続けることができました。

計画された皆様、現地に行った皆さん、ほんとにご苦労様でした。


で、私は、鹿島への旅支度で忙しい連中を尻目に、飲み会に行ってました。(汗)

2002Wカップで、スワンのボランティアをされた方が、ドイツで何試合が見てきたというので、話を聞きに。
プラス、仲間とだべりに。

まず、根本的にドイツと新潟じゃ、サッカーの歴史や生活への密着度が違うわけで・・・

サッカーに全然興味のない人は、休暇をとってサッサと喧噪の中からトンズラしちゃう。
興味のある人は、トコトン楽しもうと考える。

それに付随して、Wカップを支えるボランティアという考え方も、全然違う。
ボランティアがお祭りを楽しむことが、まず中心!
もともとドイツ人とか警察の人って、あんまり親切じゃないんだって(全部じゃないだろうが)。
それがWカップの間は、人間性変わった!って、地元の人が言ってたそうだから。(汗)

外国人が町中で地図なんか広げようものなら、ワラワラと「お手伝いしましょうか?」と、おそろいのボラ・ウェアの人がよってくる状態だったとか。

スタジアム内でも、アルビみたいにゲート前に総合案内所を作らずに、ボラ全員が総合案内所として機能していたそうです。
まさに熟練の技・・・

「いかに2002Wカップの時、新潟のボラが ~しなければならない という型にはまって汲々としていたか、よくわかった。」そーです。

・・・でも、~しなければならない って、今のボランティア現場でも同じだよな・・・

「これはボラの仕事だ、こればボラの仕事じゃない。」 から始まって、夢も希望も広がらないっていうか・・・ねぇ。

アタシらは、1ヶ月の瞬間芸でボラやってるわけじゃないから、もっといろんな方向に仕事の内容や、楽しみを広げていきたいのだが、なかなか手一杯で活動してると余裕がないよなぁ。

と、愚痴ってても楽しくなるとは思いにくいので、なんか考えるかな・・・(遠い目)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.10

終わりましたねぇ

ココログが、凄まじくレスポンス悪っ!
動きゃしない。。。
明日から48時間のストライキ・・・ぢゃなくて、メンテに入るそうで・・・
その直後が、また恐っ!

Wカップ決勝戦は、井原氏の予想通り、PKまでもつれ込みましたねー。
・・・番組予定表通り録画時間設定したら、延長後半から入ってないし・・・(BS)

一番いいとこなのに! ガックリ!_| ̄|○ ∥

結果も、ジダンのレッドも見れないし。(T^T)
・・・しかし、「おもむろに頭突きを喰らわせたって」、何やってる?ジダン?(汗)

とりあえず、イタリアおめでとう!ビットーリャー!

3位決定戦も、感動的でしたねー!
2002の時も3位決定戦は涙したけど、今回はアタシが好きなカーンがいたから、倍!
やっぱベッカムならカーンがいいわ@顔。

で、上川チームがいたから、倍倍!
(永遠の優勝候補)ポルトガルの監督も上川さんを絶賛してたし、カーンも自分の最後の試合の審判が日本人だったことをうれしく思ってるみたいだしね。
アタシ的には、決勝戦よりよかった!(落涙)
日本人が、まだ誰ももらったことのないメダルを、持って帰ってくるんだなぁ。
近い未来に、うちの選手達も!
NHK、特集第2弾に期待してますから!

さて、サッカー漬けの1ヶ月がようやく過ぎ、これから気持ちも新たに国内のサッカーに目を向けていくことにします。
で・・・?
うちの選手はというと?大宮に大敗?
サテライトは、快勝?
・・・大丈夫なのか?

オールスターもあるぞ!(今年もボランティアもオールスター!)
よし!楽しむぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.08

やったぜ!上川チーム!!

昨日、グランディーバ バレエ団の公演に行ってきました!
・・・その話はちょっと置いといて。

その時、友達が「上川さん、3位決定戦の笛を吹くんだって?」とボソッ。

なんですと~~~っ!?

マジでビックリしました。
開演のベルが鳴ってるのに、決定戦の日程を確認するメールを書いてましたわ。(汗)

この間、広嶋さんと第4.5の審判を日本ペアでやって、「これで終わったなぁ~」と思っていたので、アタシ的にはビック(リ) サプライズ!
3位決定戦ですぜ、3位決定戦!(落ち着けアタシ・・・)

まぁ、ピッチに立ってしまえば決勝も予選もないんでしょうけど、それにしても、カッコイイ上川チーム!

夢だった決勝Tのピッチに、主審という形で立つんだ・・・
自分じゃなく、人の夢が叶っていくのに、ほんとにうれしい!
喜びや希望を共感し、分かつことができる、人間ってヤツに生まれてきて、ほんとによかったと思う瞬間ですよ。

選手より、上川さんと広嶋さんを見ることになりそう。(金さんも・笑)

頑張れ!上川さんチーム!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.04

一期一会

中田英寿選手の引退メッセージを読んで、一番始めに頭に浮かんだ言葉が 一期一会 だった。

1次リーグのブラジル戦終了後の中田選手を見た。
その後の報道とたくさんの写真も見た。
あの時、引退の文字が浮かばなかったというとウソになるが、現実味も帯びていなかった。
そのせいか、寝耳に大洪水という感もない。

彼ならプロサッカーの現場から離れても、面白いことをやりそうな気がするし・・・
気がつくと、コジャレた家具屋のオーナーやデザイナーになってたりして・・・(汗)
なにかしら用意周到に準備がしてある気もする。。。

さて、一期一会に話を戻すと・・・

フランスのジダンのように、引退宣言をしてから試合に挑んでくれればいいんだけど、今回のように後から「引退します」と言われてしまうと、応援する身としては、イマイチ悔いが残ったりする。
もっとよく見て(注目して)おけばよかった・・・みたいな?
それがイヤダから、前もって言わないんだろうけど・・・

日本のプロサッカー選手の平均引退年齢が25.5歳というのはご存じだろうか?
中田選手など、長く現役を続けられた方なのだ。

中田選手に限らず、いつか、誰かが、どこかで、これが最後の試合になっている現実がある。
とっても静かに・・・

もし、引退がわかっていたら、応援が違っていたのだろうか?
見る目が違っていたのだろうか?
チームの士気が違っていたのだろうか?

すべて、ほんとにすべてが一期一会なのだと思った・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧