2007.02.15

どろろ

手塚治虫氏原作の映画、「どろろ」を観てきました。
もちろん原作は読んでます。
40年も前の作品なんですが、今読んでも、ぜんぜん違和感ないです。
というより、進んでます。(汗)

あの話を、アニメじゃなくて実写でやる?
・・・どこまでちゃっちくなるか見物。

というのが当初の感想でした。

実際に観てみて、思ったほどちょっちくないな・・・と。
実写という部分で、妙に説得力に欠ける部分もあるんですが、百鬼丸の義体を作るところとか、ワイヤーアクション満載の戦闘シーンとかね。

逆に刀の着いた両腕とか、傷や身体が再生していく状態とか、すごいな!って。

なにより役者がよかった!
中井貴一は、最近、この手の時代劇の悪役お父さん、一手に引き受けてますよね。(爆)
妻夫木聡も単にニヒルな感じじゃなくて、弾ける時には弾けてましたし・・・
なにより柴咲コウじゃなかったら、この作品、崩壊してたかも・・・(笑)
そう思うくらいよかった!
みながら「乱」のピーターの役を思い出してました。

百鬼丸の義体は、いくら切っても再生し、心臓が義体の間は死ねない。
しかも、ブラックジャックのピノコと違って、成長するという特典つき!
下手に生身にならない方がいいんじゃない? と、思わず・・・
攻殻機動隊の素子ちゃんの義体と比べても、遜色ない!

どれも義体というものを追求してるわけじゃないんですが、新しい作品ほど、義体に対するイメージが狭まってる。
リアルであるほど、自由がきかなくって理屈っぽくなってるのが、ちょっと気になりました。

ま、一度ご覧ください。

☆☆評論家にもの申す!

出てくる妖怪がちゃっっちいと言ってたけど、あの円谷系の、とってもラブリーな等身大怪獣の可愛さが分かんないなんて!
信じらんない!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.25

GOAL!を見ながら・・・

本日、2007年Jリーグディビジョン1の試合日程が、正式に発表になりました。
早いチームは、発表前にチャッチャとアップしているのに、うちのチームは・・・!!(怒)

アウェー初戦が大分ですか?
天気がいいといいな・・・スカパー、天気悪いとダメダメだから。(汗)

ホーム初戦が浦和です。
裏方としては、目の覚める話です。(笑)
ホーム初戦は、ボランティア欠席して観戦しようかなぁ~。(爆)

等々、映画GOAL!のDVDを見ながらブツブツ考えておりました。

GOAL!、お話としては、ありそうなサッカー少年のサクセスストーリー3部作。
取り立てて奇抜なストーリーじゃないですが、やっぱりそれなりに感動します。
お定まりの有名サッカー選手が出演してて、ベッカムの声、当てたの誰だ?(笑)

試合のシーンは、カビラさんの実況がまるでウイイレ状態!
試合時間を思い切り短縮してあるせいで、ゲームをしている(見ている)感覚に陥ってしまいました。(笑)

GOAL!2も、過ぎし良きレアル(?)の選手達がぞくぞく出演するようなので、思い出話に花を咲かせるにはいいかも知れないですね。

それにしても、サッカー選手の入れ替わりの早さには、驚きますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.01

エラゴン~遺志を継ぐ者~

久しぶりにというか、何年ぶりでしょう?こんないい天気の元旦!
思わず早起きして拝んでしまいました。
太陽は年中無休で、変わらないんですけどね。
こっちの心の持ちようで、特別に神々しくなったりするから不思議。

年明けた途端にプリンタが昇天してしまい。(年賀状が~っ!・滝汗)
我が家は波乱含みの幕開けでした。
ここで1年の厄を全部プリンタが背負ってくれたってことで、一件落着なんだろーな?


さて、我が家は恒例の元旦ロードショータイム!
朝一でエラゴン~遺志を継ぐ者~を見に行ってきました!

実は年明けまでWカップの決勝戦を見て、その後攻殻機動隊 S.A.C. Solid State Societyを見て、プリンタと格闘して・・・
なんだか頭の中が、メカメカ状態だったせいか?
とっても癒される~っ!
作品に感じました!

ストーリーは、どこにでもあるって言えますし、キャラもロード・オブ・ザ・リングと似たり寄ったり?
「この人、ガンダルフに似てる~っ!」みたいな?(笑)

空を飛ぶのを見てて、爽快だった!
実際にドラゴンに乗ったら、ジェットコースター以上だと思うけど。(私は重力に逆らう系は苦手・汗)

ロード・オブ・ザ・リングは人ばっかりいっぱい出て来たんでだけど、エラゴンは生き物と人間の話ってのがいい!
異質な絆っていうの?
ファンタジーだわ!(笑)

子供の希望で吹き替えで見たの。
だからドラゴンの生の声が分かんないのが残念!
吹き替えは、なんかイマイチ?
字幕で見た方、いかがでした?

後、ドラゴンの表情が「猿の惑星」だなぁ~って。。。(笑)
思わずティラノザウルスや恐竜って、どんな表情したのかな?と思ってしまいましたよ。

ロード・オブ・ザ・リングより私は好き!
続きがとっても楽しみ!

見ていない方は、ぜひ!お見逃しなく!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.12.25

スーパーマン・リターンズ

う~ん・・・日が経つのは早い!年末だしね~。

さて、日にちが変わっちゃったけど、メリークリスマス!
クリスマスの意味もよく分からない我が家の盆暮れ兄弟は、本日ケーキやごちそうを食べて、ご満悦。

その後、スーパーマン・リターンズを家族で鑑賞。

私としては、スーパーマン役と言えばクリストファー・リーヴの印象が圧倒的に強くて、今回イマイチうーんだったのですが、亭主は、「よく似た人を選んだねぇ」と・・・
クリストファー・リーヴ氏は、その生き様もスーパーマンみたいだと思ってみていたので、いっそう思い入れが強いのかも知れませんが、ブランドン・ラウは、ちょっと野性味に欠けるような感じがするのは、気のせい?

ストーリーは水戸黄門みたいなもんですから(笑)、後はどれだけ自然にCGの類を楽しませてくれるか?

コスチュームが、のっぺりした感じになった?
前と何が違うんだろうと、よくよく見たら、Sの字が小さくない?
「不況だからな~」と亭主。。。
そーいう問題なのか?
ってか、繊維業界が?

変な意味で、あっちこっち突っ込みどころ満載ではあったけど、面白く懐かしく、1本見ちゃっいました。

・・・なんかね、最後に「超人ロック」とオーバーラップした部分が・・・
あれも確か「子供が」というストーリーがあったような。。。

スーパーマンのコミックを知らないのでなんですが、やたら人間になっちっゃた・・・みたいな感じがして、複雑な心よ。
スーパーマンは、スーパーマンでいてほしい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.06

日沈その後・・・ドラマ編

何時からこのネタを引っ張って歩いているのだろう?
と、自分でも恐ろしくなるのだが、引っ張っている!
引っ張りまくっている!

やっとドラマも最終回が近くなってきました・・・(汗・涙)

まず、言っとこう!
日本沈没のリメイク版!詐欺だ!
沈没しないんだもん~!キーッ!
しかもプレートを爆弾でぶった切るという、信じられない荒技。。。
プレートが1枚だけならありかもしれんが、日本はプレートの寄り集まり地点なのだ!
海溝付近のプレートを切ることによって、他のプレートの動きがシュミレートされないってのはどうよ?

しかも!あんな所でプレートを切るような爆破を決行したら、残った日本は津波で沈むんじゃないか?

小松左京氏監修の「おもしろ雑学百科」という本があって(厚い文庫で10巻以上あった記憶が)、その中に世界最終兵器として紹介されていたものを思い出した。
それは中国の人海戦術。
世界最大の人口を誇る中国が、国民1人に1つずつ椅子を持たせ、海岸線にずらっと並ばせる。
せーので一斉に全員が椅子に座る。
それだけ・・・
すごい地震が起きて、世界が津波で沈むということでした。。。
もちろん中国も例外なく被害を被ります。

あっ・・そうだドラマの話だった・・・
十分、今でも鑑賞に堪えます!
特撮技術がどんどんアップしていくのが、よく分かる!
特撮みるだけでも、一見の価値があるかも~。(ゴジラ好きの方へ)
これを毎週TVで放送してたなんて、どういう金の使い方をしていたのか謎です。

昔、映画を見ないでドラマを見たのは、私にとって大正解でした。

ということで・・・もう一回くらい引くかも・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.15

暗っ!旧・日沈

明日のアジアカップ予選、vs.イエメン の関係者用通行証も届き、後は身体を運ぶだけです。
おっと、スポンサーがアディダスだってことを忘れないように!
スタッフは、何かと気を遣うのだ。。。(溜息)

小松左京氏の日本沈没こと、日沈で人生か決まったというくらい、影響を受けたうちの宿六。
一緒にリメイク版日沈を見に行けなかったのをくやしがって、「旧の映画でいいから借りてきて!」と・・・

リメイク版に関しては、感想を書きたいんですけど、映画が終わった頃に書いた方がいいかな?と。
一言で言うなら、詐欺だ!・・・でした。(笑)

で、旧日沈ですが、本数がなくて、借りるのに10日くらいかかりました。

見たんですが・・・
メイク濃いだろう!お前ら!
から始まって、突っ込みどころ満載!
しかも暗いっっ!!

それにしても、作られだ時代を考えると、すごく時間もお金もかけたって分かりますよぉ~。

地震っていうと、やっぱりあの頃は関東大震災?
後、東京大空襲?
地震より、空襲の方が色濃くでてた気がしました。。。

現在の建物の状況だったら、また地盤の状況だったら、水か火か?はたまた?
地域で異なってくるんでしょうね。

また、「何もしない方がいい」という、キーワードになる言葉が出てくるんですが、重さが全然違う!そう感じました。
旧作の方が、よりリアルに突っ込んで描かれていたという感じです。
リメイク版は、突っ込みの方向が違っていた、真っ向勝負で来なかっただけなんですが。

それにしても、女は強くなったものだ・・・
それが一番違ってた気がする。

なんて話を読んでも分かんないだろうから、ぜひ、見比べてみてください。(^^;

宿六は、「ドラマも見る!」と意気込んでます。。。うぇ~ん(T^T)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.14

ゲド戦記

を、家族で見に行ってきました。
これで、この夏見たかった映画ベスト3(日沈、MI:3)は、見終わりました。

油絵もいいが、たまには日本画の透き通る山水、花鳥風月はいかが?
そんなノリで見れる1本です。

静かに澄んだ水面に波紋が広がるように、いくつ波紋が起こっても、決して相殺することなく広がるように、心に広がる作品でした。
こういうの、心が洗われるっていう?

特別スペクタクルな展開だとか、目を引くキャラがいるとかいうんじゃないんだよね。
見てて、特に笑うことも泣くこともなかったような。。。

ないんだけど、今一番大切なことが、いっぱい詰まっている話。
というか、時代を選ばず心に染み通る話。
逆に言うと、どこにでもある話?

アーシュラ・K・ル=グウィンの作品は、「闇の左手」とか「所有せざる人々」なんかを読んでるけど、あの頃は若かったからなぁ・・・イマイチ、ピンときてなかったなぁ・・・と、思いましたよ。

ちなみに「ゲド戦記」も原作は読んでません。
長くてねぇ~っ(T^T)、こーいうのは読む前に降参?

アタシ個人としては、「人は永遠の命を持っている」と確信しています。
ま、アタシ自身が魔女みたいな生き物ですから。。。(汗)

あなたはどう感じるか、機会があったらぜひ見に行ってくださいね。

※テルーの歌のシーンがとっても素敵でした!

PS.
今回は、無事e席リザーブで発券されましたよ。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.02

M:I:2.9(笑)

たかが千円・・・

マネージャー「・・・ということで(※注)、クレジットカードからの支払いを停止するように手配致します。次回からこの様な場合があることを、お含みおき下さい。」

本日、M:I:3を見に行ってきました。
午前中の仕事をギリギリまでこなし、滑り込みで映画館に到着!
こんなこともありかと思い、ぬかりなくe席リザーブでチケット確保済み。

が、いくら発券機にカード通しても「そんな情報はない」の一点張りで、発券されない!(滝汗)

いつもカードを通すだけで発券されるので、Eメールをプリントアウトして持っていっていない!(これが致命的でしたね!)

ここで係員と悶着してると見れなくなりそう!と、窓口で現金でチケット再購入して、とりあえず見る!

でも、釈然としないのよねぇ~。。。
日時を間違って購入したの?
クレジット番号を間違ったの?
発券機がおかしいの?
映画を見てる間も、頭の隅っこでこのネタがグルグル。。。

終わってから係員に調べてもらったのですが、この回、クレジットで購入した人はいないとのこと。


家に帰ってEメールを確認すると、やっぱり席の予約完了メールが来ている!
ワーナーマイカルに再確認をお願いしたところ・・・

マネージャー「お客様、先週の土曜日から本日まで、他にこちらで映画をご覧になりませんでしたか?」

アタシ「日沈を、月曜に見に来てます」

マネージャー「その時もe席リザーブをご利用じゃなかったでしょうか?実は(※注)クレジットカードで発券される場合は、同じ週の同じカードで予約頂いた全てのチケットが(後日の物でも)発券されるんです。 日沈の時に発券された記憶がないでしょうか?」

アタシ「はぁ~?全然ないです~!」

とはいったものの、あの時も時間がなくて急いでいたから、子供達にチケットを配って・・・マジで記憶にない!(T^T)

映画館としては、私が現金払って見てるので、発券機の故障(?)ということで、e席リザーブ分を請求しないことで処理してくれました。

されど千円・・・

M:I:3に行き着く前の、M:I:2.9@アタシ版ってとこでした!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.30

日沈前夜

日本沈没 → 我が家では略して 日沈。(爆)

明日、子供達を引き連れて映画を見に行く話をしたら、亭主が熱くなってしまいました。。。

うちの亭主は、日沈を見て大学で地質学を勉強したという、筋金入りの日沈ファン。
ファンというのも変ですね。
日沈で人生変わった人 ってとこですか?

1973年の映画日沈で、スタッフがなぜ日本が沈むのかわからず、東大の竹内均教授に教えを請いにいったら、説明がすごく分かりやすかったんですって。
そこで映画に出演して、「プレートテクトニクスの原理を早送りすると、この映画になる」という、パニック防止の説明を(映画を本気にする人がでると悪いので)することになった。

なんて裏話を、蕩々としてくれました。。。
アタシは、一人で映画に行ける年でもなかったんで、見てないんですよ。(強調)

プレートテクトニクス(マントルの上に岩盤が乗って動いているという考え)については、アタシは高校時代に勉強することになるんですが(地質の単位がなかったので、転校してきた友達の教科書を借りた)、あの時から、本気で地球って面白い!って思った気がします。

岩って、石って、地層って、ほっっっとにおしゃべり!
ドラマチックなでき方をした岩の上に立つと、全身鳥肌立ちます、アタシ。
壮大なドラマが見える気がするんです。

この手のことを語りはじめると、いつまででも語ってしまうので、明日を楽しみに・・・

わっ! マリノス戦見ます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.26

ヘロヘロと7人のマッハ!!!!!!!

ナビスコVS清水戦、勝ってよかったですねー!
FWが、それぞれちゃんと仕事したってのがよかったです!
相手は、完全サテライトだといえども・・・(じゃなかったけど・汗)

さて、アルビはともかく、アタシは先週の金曜日からの、エアロビとウォーキング(買い物ツアー)太極拳の繰り返しで、筋肉痛の上乗せ地獄
さすがに腰が痛くなってしまって、立っているのがやっとの火曜日。
仕事タイムは、お客を前に、まぶたが閉じないことを、必死で祈ってたわ・・・(滝汗)

やっと解放された本日、ヘロヘロ状態で家事に勤しんでおりました。

で、定番のアイロン掛けタイム。
本日の映画は、7人のマッハ!!!!!!!です。
マッハ!!!!!!!!がお気に入りだっので、期待!

・・・え?・・・・・虐殺?
とってもシリアス。
タイという国のお国の事情が、とっても色濃くでているし、これがバンコクから離れた農村の実情なのかな?と・・・
とっても真摯な気持ちで、タイの国歌を聴きました。

特撮なしのリアルな格闘だっただけに、事件の現場も背景も、リアルに浮き立った感じがしました。
う~ん・・・ただ単にアクションがカッコイイとか、面白いとか、スゴイとか言えない感じ。

それにしても、恐るべしゼバタクロー
恐るべしサッカー!
器械体操も体操も、ラグビーも、その技が武器になる。

競技スポーツの技が武器になる様なんぞ、見ないで済むにこしたことはない。
正直、見たくない。

そういう部分で、アッケラカンとは、見れない映画でしたね。

子供に見せずに返してしまった・・・

・・・複雑。
考えすぎ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)